文字サイズ

初場所の懸賞、過去最多記録1625本

 「大相撲初場所・千秋楽」(25日、両国国技館)

 初場所の懸賞本数は過去最多の1625本となった。これまでは昨年秋場所の1381本が最も多かった。白鵬-鶴竜には、観客の投票で決まる「森永賞」1本を含めて61本が懸かった。本来は50本が上限だが、日本相撲協会は申し込みをすべて受けることにした。

 今後の上限の変更は未定。千秋楽は137本で、協会に残る記録では2番目に多かった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      相撲最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(相撲)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス