文字サイズ

大阪湾に沈むレジ袋は300万枚!?喫緊の「プラごみ問題」…レジ袋有料化1カ月にあわせ専門家に聞いた

プラスチック製レジ袋の原則有料化が始まって1カ月がたちました。分解されにくいプラスチックによる海洋汚染を抑えることなどを目的にした今回の取り組み。7月1日の開始直後は、その是非や意義を問う報道も多く、レジ袋を作る業界などから効果を疑問視する声があがっていることなどが紹介されていました。その後エコバッグを持ち歩く人の姿も一般的なものとなりましたが、あらためて環境の専門家はどのように考えているのでしょうか。摂南大学理工学部都市環境工学科の石田裕子准教授に聞きました。

有料化が義務付けられたのは、コンビニなどの小売店で買い物客に渡されてきた、持ち手のついたプラスチック製の袋です。有料化はスーパーなどで先行して行われているところもありましたが、7月1日からコンビニや百貨店などでもお金が取られることになりました。

一方、レジ袋として一般的なポリ袋の製造を手がけている包装資材メーカー「清水化学工業」(東京都足立区)は「脱プラ、脱ポリ、紙袋へ 切り替えをご検討のお客様へ」という自社のウェブサイト内のページで、「環境省による海洋プラごみの実態把握調査」の数字を紹介しています。

「漂着したプラスチックごみ類のうち、容積ベースではポリ袋はわずか0.3%」

そのほか、ポリ袋は「石油精製時の残り物から作られる」「紙袋よりも資源消費量や製造にかかるエネルギー、輸送コストが少ない」といったことなども主張。SNSにはそれらを見た人たちから現在も施策への疑問の声があがっています。

摂南大学理工学部都市環境工学科の石田裕子准教授は、人と自然が共生できる都市環境づくりをテーマに研究を進めています。関西広域連合の「琵琶湖・淀川流域対策に係る研究会」の委員も務め、河川を起点としたプラスチック海洋汚染の実態などに通じています。お話を聞きました。

  ◇   ◇

--海洋プラごみの象徴としてポリ袋の問題が取り上げられますが、業界からは反論も聞こえてきます。

業界団体の訴えとして、よくポリ袋は海洋プラスチックごみの0.3%と言われますが、これはあくまで「漂着ごみ」の中での割合です。「漂流ごみ」の中では6%を占めると言われます。また、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の調査では、水深1万メートルの海底でもポリ袋が発見されています。0.3%とするのは過小評価のように感じられます。

--身近な環境で、具体的に深刻さを示すようなデータはありますか。

関西広域連合では、大阪湾に沈んでいるプラスチックごみについて調査しているのですが、大阪湾に沈んでいるレジ袋は約300万枚あることが判明しています。

--えっ…そんなに。

ただし、それは目視が可能だったものからの推計です。ポリ袋は劣化するとボロボロになり、細かいかけらになります。そのような状態で存在しているものまで考えると、正確な分量は分かりません。

--細かくなるとは…近年問題になっている海の中に存在する「マイクロプラスチック」のことですね。

そうです。マイクロプラスチックは、5mm以下のサイズのプラスチックのことを指しますが、その中には相当数のポリ袋由来のプラスチックが入っている可能性があります。

--そんなごみはいったいどこからやってくるんですかね…。

大阪湾を含む瀬戸内海の漂流・漂着ごみは7割が陸から流入するとされていますが、ポイ捨てされていたり、風などで飛ばされてごみになってしまったものが、河川を通じて海に流れ込んでいるとされています。その中には大量のプラスチックごみも含まれていると考えられます。

もちろんプラスチックごみはポリ袋だけではありませんし、ポリ袋「だけ」が悪影響を及ぼしているわけでもありません。ただ、現時点でも相当のポリ袋が海に流入していることが分かっている以上、減らすことが大切ですね。

--レジ袋有料化を通して、海洋への影響を含めてプラスチックのごみ問題は解決できるのでしょうか。

レジ袋有料化はまだ始まったばかりで、プラスチックごみの減量にどれほどの効果があるかは今後の結果を待たないと、何とも言えません。ただ、解決できる・できないではなく、『解決しないといけない問題』であることは確かです。

今回の有料化は一般市民の方々に対して、プラスチックごみに関心を持ってもらう機会になっていると思いますし、ポリ袋全体の使用量が減れば、ごみの量も減ると思いますので、進めるべきだと思います。

--プラスチックごみの問題を解決するために、ポリ袋有料化以外にどのようなことが考えられていますか。

ほかのプラスチック製品についても今後は使用を制限していく必要があります。例えば、河川や海洋のプラスチックごみの中で、上位に来るペットボトルについては、日本の飲料メーカーもデポジット制の導入を検討しています。

--なにか私たちの暮らしの中でできることはありますか。

個人レベルでも、マイボトルやマイ箸・フォークなどを持ち歩き、ペットボトルや使い捨てプラスチックフォークの使用を減らすなど、できることはたくさんあります。プラスチックの使用を減らせば、プラスチックごみも減らすことができますね。

あと、学生や市民団体と一緒に河川清掃をしていると、プラスチックごみが至るところで見られますが、ごみ拾いをしているすぐそばで、ポイ捨てしていく人もいます。まだまだごみをゴミ箱に捨てない人がいますので、一人一人がごみを適切に捨てる・処理することも大切だと思います。

   ◇   ◇

なお、業界団体からは、ポリ袋から紙袋に転換すると製造・輸送にコストやエネルギーが余計にかかるとの指摘も出ています。これについて石田准教授は、日本の森林保全をどうするのかという観点から考えれば、短期的にとらえるような問題ではないと説明しています。

「近年、戦後にたくさん植えられた人工林や里山が放置され、土砂災害を起こしたり、水源涵養する機能が低くなってきたりしています。放置されているのは、伐採にコストがかかり、売っても儲けにならないことが大きな理由です。紙袋の需要増にあわせて、日本の地元の森林資源を積極的に活用すれば、放置された森林を健全な状態に戻すことにつながるのではないでしょうか。また、海外産ではない地元の資源で製造し流通させることで、エネルギーや輸送コストも抑えることができます。50年後100年後の将来に向けて、地域の循環型資源を利用することは合理的だと思われます」

◆石田裕子 摂南大学理工学部都市環境工学科准教授。博士(工学)。京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻博士課程修了。摂南大学工学部講師、理工学部講師を経て2014年より現職。研究領域は、河川生態学・応用生態工学。

(まいどなニュース・川上 隆宏)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス