文字サイズ

世界が絶賛するオーストラリア最高級ワイン…女性醸造家が伝えたい「本当の楽しみ方」とは

 もうすぐクリスマス。ワインが飲みたくなる季節です。フランス、イタリア、スペイン…と世界に広がる産地の中で、日本への輸入量こそ他国に比べ多くはないものの、高い品質と人気を誇るのがオーストラリア産だそう。そんなオーストラリアが誇るワイナリー「ペンフォールズ」でワイン造りを手掛け、数々の賞も受賞した女性ワインメーカーが、独自の気候や地質が生むオーストラリアワインの魅力と、「本当の楽しみ方」を語ってくれました。

 シャヴォーン・ウエルズさん。今回はペンフォールズが誇る最高級ワインで、世界で最も権威あるワイン雑誌といわれる「ワインスペクテーター」で「20世紀の産んだ最も偉大なワイン12本」の一つとして絶賛された「グランジ」など5種を飲み比べるワインセミナーのゲストとして来日しました。ワインメーカーだった祖父の仕事に魅せられ、この仕事を志したといい、「ブドウ畑で育った私にとって、小さい頃からの夢であり、とても自然なことだったの」と微笑みます。

 ペンフォールズは1844年にイギリスから移住したクリストファー博士と妻のメアリー・ペンフォールドが創設。今年で175年を迎え、南オーストラリア州の歴史的文化遺産としても知られるワイナリーです。当初は医療目的だったそうですが、1881年のパリ万博で金賞を受賞するなど品質が認められ、その後、現在の銘柄の土台を作り上げたマックス・シューバートら名ワインメーカーが、旺盛なチャレンジと好奇心、妥協なき品質を求めてワインを作り続け、そのブレンディングは芸術の域に達しているとも。ワイナリー・オブ・ザ・イヤーの25年間連続受賞を成し遂げた、世界唯一にして最多の実績を持つブランドです。

 ウエルズさんは、祖父の元や複数のワイナリーで経験を積み、ブドウの栽培技術や地域の気候や土壌といった特性と新品種の実験などを重ね、ペンフォールズでは赤ワインを担当。2016年には「オーストラリアワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」も受賞しました。

 2018年の貿易統計ではワインの輸入国はトップがチリで3割を占め、オーストラリアは4%。総量は多くありませんが、近年は特に中・高級ワインが人気といいます。「オーストラリアのブドウはさんさんと照る太陽を浴びて育つんです。土地自体も広大で、さまざまな味わいのブドウができる。その中から自分の好みを選べるのが特長」とウエルズさん。

 特にペンフォールズのある南オーストラリア州は、地中海性気候に属しますが、地域により雪が降るほど冷涼だったり海が近かったり微妙な違いが。土壌も石灰質や赤土、世界最古の土壌の一つもあり、「私たちがつくるワインは香りが複雑で、味わいも奥深く何層にも重なる楽しさがある。私たちは常に新しい産地を追い求めていますし、その土地ごとに育まれたブドウが醸し出す多様性を楽しんでもらえたら」と微笑みます。

 ただ、最高級ともなると、そうそう味わえるものではないのも事実。でも「ワインはグラスに注いでからも、その中で香りが変わっていくんです。若いワインはさわやかな香りと果実味があり、熟成すればまた、複雑味が増し熟成香や味わいもゆたかになっていく」とウエルズさん。「お友達と一緒に、一日の終わりに食事をしながら楽しむ。それが、私たちが本来あってもらいたいと願う、ワインの楽しみ方なんです」と話してくれました。

 うんちくを語り始めたらキリがないワインの世界。それが分かる舌と財力があれば言うことはないですが、大切なのは、その場にいるみんなが楽しめること。そろそろ、忘年会の季節。そのボトルやグラスの向こうに、ちょっと作り手の顔が浮かぶと、飲み過ぎ・悪酔いも減るかも…しれませんね?

(まいどなニュース・広畑 千春)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス