文字サイズ

今年のお歳暮…「ポ歳暮」にしてみない? 再配達の負担配慮、広がるポスト投函OKギフト

お歳暮ならぬ「ポ歳暮」ってご存知ですか?実はこれ、ポストで受け取れるお歳暮のこと。2019年お歳暮の最新トレンドなんです。最近はお歳暮を宅配でいただくことが一般的ですが、宅配を受け取るためには家にいないといけなかったり、不在だと再配達をお願いしないといけなかったり…なかなか負担に感じるもの。送る側としても、受け取るのに面倒をかけていないか、気になるときってありますよね。そんな心配を一気に解決してくれる新スタイルのギフトが話題になっています。

「ポ歳暮」を紹介しているのは、通販サイト「楽天市場」です。11月1日にお歳暮をまとめた特集を開設するのにあわせて、ポスト投函によって受け取りが可能な形状のギフトを紹介するページを、今年初めて立ち上げました。

2019年9月に楽天が行ったネット意識調査によると、ネットショッピングで宅配を受け取っている人のうち、約7割が再配達を経験しており、そのうち約9割が宅配業者に「申し訳ない」と回答しているといいます。宅配便の取り扱いの増加を受け、再配達の多さが社会問題になっている昨今です。再配達の依頼には心理的な負担感が大きいこともあり、約3人に2人が「お歳暮やギフトは『通常配送』より『ポスト投函』でもらいたい」としていたそう。そういった背景から、新たなギフトのスタイルが提案されたようです。担当者に詳しく聞きました。

-『ポ歳暮』って、すごいアイデアですね。

「今年のお歳暮の特徴として、ブランド志向の定番商品が伸びるとともに、カジュアルで簡単なギフトも増えていて、スタイルが2極化してきています。『ポ歳暮』については、ユーザーの方々からも、こんな形のお歳暮があったんだと驚きの声をお寄せいただいています」

-『ポ歳暮』という名前で特集する前から、このような受け取りるのに負担が少ないギフトは人気があったのでしょうか。

「ポスト投函に対応するギフトは、現在楽天市場全体で50万点ほどになります。2016年から2018年にかけて、取り扱い量も1.6倍に増えています」

-どのような商品が『ポ歳暮』になっているのでしょうか。

「配送する業者さんによって若干違いはありますが、厚さ3センチ以内など、商品のサイズには決まりがあります。あと、食品の場合は常温で保存が効くものになります」

…具体的にどのような商品が「ポ歳暮」になっているのか、紹介してもらいました。

▼「源蔵屋よろ昆布ギフト」(昆布専門問屋 源蔵屋)価格:2980円 (税込・送料込)・昔から縁起物とされてきた昆布をギフトに。お正月のお料理やおやつにも

▼「幸せの箸渡し名入れギフト」(漆器かりん本舗)価格:2750円 (税込・送料込)・麺好きさんにおすすめ、桐箱入りの箸とスプーンセット。名前入れもできます

▼「飛躍を願う魔法のおだしdeふりかけ」(よか魚ドットコム)価格:2160円 (税込・送料込)・煮だせばおだしに、封を開けるとふりかけに。商品にも使われているアゴ(トビウオ)を、飛翔の願いをこめて熨斗にデザイン

   ◇   ◇

このような新しいお歳暮のスタイルについて、お歳暮のマナーから見て問題はないのでしょうか。マナー講師で「あい☆えがお」代表の山本えりさんに聞きました。

-新しいお歳暮のスタイルですけど、新しすぎてみなさんに受け入れられるのか、ちょっと心配な気もします。

「マナーには『絶対こうあらねばならない』ということはありませんので、相手に一番喜んでもらえることが一番大事です。送り先の方のことをお付き合いの中でよく知っていて、宅配を受け取れないことをストレスに感じている方なのであれば、ポスト投函OKギフトもよいかもしれませんね。しかし、限られた選択肢の中からプレゼントが選ばれていることを想像すると、少し寂しい気もします」

-それではどのように贈ればいいのでしょうか。

「プレゼントは選んでいるときからがプレゼントです。喜んでくださる姿を想像してワクワクしながら品物を選ぶことから、大切な人へのプレゼントは始まっています。贈り物は心をお届けするもの。なぜこのような品物を贈りたいと思ったのか伝わるように、メッセージカードなどを一緒に送ることができればいいですね」

「ギフトはお返しのことを考えると、どうしても値段などを調べてしまいがちです。そういうときに『あなたのこういうところが素敵だと思って、この品物を選びました』といった思いが伝わると、印象が大きく変わると思います」

(まいどなニュース・川上 隆宏)

■いつでも受け取れる ポスト投函OKギフト https://event.rakuten.co.jp/oseibo/theme/post/?l-id=oseibo2019_pc_top_casualwontergift_post

■山本えり 神戸新聞文化センター(http://k-cc.jp/)ゆめタウン姫路KCC「ハッピースピーチ&マナー」講座を担当。あい☆えがお代表。

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス