文字サイズ

忘れ物をしたら熱海まで小旅行?JR籠原駅の注意喚起が話題

忘れ物に注意するよう促すポスター=車輪さん(@syarin_p)提供
忘れ物に注意するよう促すポスター
2枚2枚

 「スマホを電車に忘れて熱海まで…とならないように」。JR籠原駅(埼玉県熊谷市)に設置されている注意喚起のポスターが、「クソ遠い」「もう旅行」などとネット上で話題になっている。関西人の私にはピンとこないが、Google先生に調べてもらうと、籠原駅から熱海駅(静岡県熱海市)までは在来線で3時間、東京から新幹線を使っても2時間半、ちなみに徒歩だと30時間ほどかかるらしい。「降りる前の30秒の確認が、降りた後の数時間を救う」という“脅し文句”も、決して大袈裟な表現ではなさそうだ。

 ポスターには「もしお忘れ物をされると…(略)拾得された駅(熱海、国府津、沼津、上野など)まで取りに行っていただくお手間がかかります」と書かれ、さらに、赤く目立つ字で「※その際の運賃はお客様のご負担です」とある。籠原駅からはかなりの距離だが、その背景には、高崎線、宇都宮線、常磐線が東海道線に直接乗り入れる「上野東京ライン」が2015年に開業したことなども背景にあるようだ。

 JR東日本高崎支社によると、籠原駅は上野東京ラインや湘南新宿ラインの多くの列車の「終点の駅」で、年間22630件(1日平均62件)の忘れ物が届くという。そのせいで仕事に間に合わなかった人や、泣く泣く旅行を断念した人を目の当たりにして、胸を痛めたのが入社1年目の若い男性社員。「悲しい思いをする人を少しでも減らしたい」と今月13日昼、駅にポスターを貼り出した。

 インパクトのある文言は、ツイッターでたちまち話題に。「…平塚行きの列車に忘れ物をしたことがあります\(^o^)/」という一言を添えて写真を投稿した車輪さん(@syarin_p)は3~4年前、高崎駅(群馬県高崎市)から平塚駅(神奈川県平塚市)行きに乗ったところ、座席の下にお土産を置き忘れて降りてしまったという。籠原駅で駅員にそのことを届け出ると、1日もしないうちに連絡があり、見つかった平塚駅から着払いで自宅に送られてきたそうだ。

 同支社によると、忘れ物が見つかった場合の対応には、実は「交通費を払って自分で拾得された駅まで取りに行く」と「着払いで郵送してもらう」の2通りあり、手続きの際には必ず確認しているそう。ただ、やはり忘れ物がスマホだった場合などは一刻も早く取り戻したいため、自分で取りに向かう人が少なくないらしい。

 ネット上でたくさんの注目を集めたことについて、「素直に嬉しく思います。ポスターを掲示した本人も大変喜んでいます」と担当者。また先ほどの車輪さんによると、同駅はこのポスターからも垣間見えるように、「駅員さんの工夫や温かさが感じられる駅」なんだとか。担当者は「これからも使いやすく親しみのある駅にしていきたいです」と意気込んでいる。

 …えーと、なんの話でしたっけ?そうそう、忘れ物!みなさん気を付けましょう。(神戸新聞・黒川裕生)

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス