文字サイズ

富山駅「特選ますのすし」1800円

富山駅「特選ますのすし」1800円
1枚拡大

 北陸新幹線が開業して間もない頃、金沢駅にある能登、加賀の名物、土産がそろう百番街の「あんと」に寄った。フロア全体が驚くほどの人であふれ、駅弁の店舗では、関東からであろう観光客が、ますのすしを手に取り、飛ぶように売れているのを見てうれしくなった。後で業者に確認すると、「思わぬ追い風が吹いてうれしい限りです」と話す口ぶりからも、その様子が伝わって来たものだ。これから夏本番を迎え、さらなる集客で混雑するこの時季。少々傾けても形崩れせず味も変わらない、「ますのすし」に400円足すと買える「特選ますのすし」をお勧めしたい。駅弁にしては翌日が賞味期限と長く、お土産にもピッタリだ。

      ◇      ◇

 竹に挟まれて押さえられた丸いふたを取ると、緑色のクマザサの包みが顔を出す。それをめくると対照的に色鮮やかな淡いピンクの鱒(ます)の切り身が一面に広がる。スタンダードの「ますのすし」に比べると明らかに脂乗りが違い、マグロでいうトロに当たる部位が厚めに敷き詰められている。それが程よい粘りのある富山県産米の上にのっており、サケと間違うほどのおいしさだ。

 付け合わせも調味料も要らない王道のすしだけを味わわせる商品に拍手を送りたい。

 二つ入りの「ますのすし二重」や「ますぶりのすし重ね」があるように“特選ますのすしとますのすし重ね”があれば、食べ比べに迷わず購入しただろう。

 1800円。北陸本線・富山駅「源」Tel076・429・3100。高岡、新高岡、金沢の各駅でも販売中。(デイリースポーツ・柴田直記)

関連ニュース

    デイリーペディア

    おすすめ駅弁最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス