文字サイズ

C大阪に激震 堅守支えたDFヨニッチが上海申花に完全移籍 破格オファーに放出容認

 J1C大阪は21日、クロアチア出身のDFマテイヨニッチ(29)が中国1部の上海申花に完全移籍すると発表した。また、ブラジル1部セアラーからブラジル出身のDFチアゴ(30)を完全移籍で獲得したことも併せて発表した。

 ヨニッチは17年に韓国Kリーグ仁川から完全移籍で加入し、同年の2冠獲得に大きく貢献した。在籍4年間でJ1通算135試合(全136試合)に出場。17、19、20年には優秀選手賞を受賞するなどJ屈指のセンターバック(CB)として君臨してきた。

 関係者によると、ヨニッチは今季もC大阪との契約を残しており残留を強く希望していたが、上海申花から破格のオファーを提示され、C大阪も放出を容認せざるを得なかったという。

 ヨニッチはクラブを通じ「親愛なるセレッソ大阪とファンの皆様、突然のことで皆様を驚かせてしまい申し訳ありません。私のサッカー人生の中でセレッソの一員になれた事は最高な出来事でした。皆様が自分を必要としている事は誰よりも分かっていますが、家族と相談し、年齢的にもこれが最後のチャンスと思い、新しい環境で自分を試したい、という決意に至りました。私を必要とし熱心に話をしてくれたセレッソには本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。私はセレッソを第二の家として一生忘れません。今までサポートして下さった選手、スタッフ、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。桜の戦士はいつまでも僕の心に居続けます」とコメントした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス