文字サイズ

J1神戸・古橋は仙台戦欠場が濃厚 FWドウグラスはJ1通算100試合&50得点へ

 J1神戸のFW古橋亨梧(25)が次節仙台戦(8日、ノエスタ)を欠場することが濃厚となった。チームは7日、神戸市内で非公開の最終調整。オンラインでの取材に応じたフィンク監督は前節札幌戦(2日)で前半11分に負傷交代した古橋の状態について「重傷ではないが、何も伝えることはできない」と語り、「彼がいなくても同じ役割を担ってくれる選手がいる」と代役の起用を示唆した。

 チーム得点王でもある古橋の代役として先発起用が見込まれるFW小川は19年11月の仙台戦で2得点を挙げている。今季リーグ戦では無得点だが、相性の良さを生かし「(得点を)狙っていきたい」と意気込んだ。

 また、FWドウグラスは仙台戦でJ1通算100試合出場を達成し、得点すればJ1通算50得点となる。日本で通算9年目を迎えるブラジル人FWは「精いっぱい続けてきた成果」と振り返り、「神戸が勝つことが大事」と節目のゴールで2連勝に導く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス