文字サイズ

鹿島・昌子、急造DFラインを見事に統率 ハリル監督も見に来た

 後半、ヘディングでクリアする鹿島・昌子
1枚拡大

 「ACL・1次リーグ、鹿島1-1シドニーFC」(13日、カシマサッカースタジアム)

 H組首位の鹿島はカシマスタジアムでシドニーFC(オーストラリア)と1-1で引き分けた。前半にFW金崎夢生(29)が先制したものの、後半に追い付かれた。

 DF昌子は失点シーンでの相手のプレーをたたえた。左サイドからの山なりのクロスに相手長身FWと172センチのDF小田が競る形になり頭で決められたが、「あのクロスはアッパレ」と話した。失点以外は強行日程と故障者続出の中での急造DFラインを見事に統率。視察した日本代表のハリルホジッチ監督は「きょうは昌子を見にきた」と目を光らせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス