文字サイズ

鹿島に厳しすぎる判定、セルヒオラモス退場ならず 解説者憤慨「気つかってる!」

後半、ルーカス・バスケスが鹿島・山本に倒されレアル・マドリードがPKを獲得する。右は小笠原=日産スタジアム(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「クラブW杯・決勝、鹿島-レアル・マドリード」(18日、日産スタジアム)

 鹿島にとって厳しい判定が下された。後半45分、FW金崎が自陣でマークと入れ替わって攻撃に転じようとした場面で、マークについていたレアルDFセルヒオラモスが後方からチャージ。明らかな反則で、主審も笛を吹いたが、一度は手をかけたイエローカードは結局出さず。すでに1度イエローを受けていたセルヒオラモスは、このプレーでイエローカードが出れば退場となるところだった。

 納得がいかない鹿島イレブンは主審に抗議をしたが、受け入れられず。そのままプレーは再開された。セルヒオラモスはレアル守備陣の中心なだけに、数的優位になる以上の意味があるところだった。

 試合を中継している日本テレビの解説陣は、この判定に憤慨。元日本代表の都並敏史氏は「解せねえな、気つかってるなレアルに!」と本音を漏らしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス