文字サイズ

【45】ローリング・ソバット

 ジャンプしての後ろ回し蹴りで、初代タイガーマスクは打点の高さ、フォームの美しさで他の追随を許さない。後頭部にたたき込む延髄ソバットも用いた。近年では大谷晋二郎が初代タイガーに肉薄する名手。ジャンプしないソバットでは、日本プロレス草創期から活躍した長沢秀幸がこの時期としては極めて珍しい使い手で、その後の主な使い手に佐野巧真、宮戸優光ら。

 ▽主な使い手=高田延彦、武藤敬司

 ※固有名詞などの表記は当時のもの(敬称略)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    プロレス技50選最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(リング)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス