文字サイズ

【43】チキンウィング・アームロック

 別名ダブルリストロック。和名は羽根折り腕固め。柔道では腕がらみ。日本プロレス草創期から「腕固め」として使われてきた。76年、アントニオ猪木がアクラム・ペールワンをこの技で脱臼させた一戦はあまりにも名高い。51年に木村政彦がエリオ・グレイシーをこの技で破っていることから、総合格闘技では「キムラ」と呼ばれる。桜庭和志が新日本で決め技に愛用。

 ▽主な使い手=ルー・テーズ、藤原喜明、エル・サムライ

 ※固有名詞などの表記は当時のもの(敬称略)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      プロレス技50選最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(リング)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス