文字サイズ

スターダム大阪城大会・鹿島沙希VS朱里緊急決定「お前試合やりたそうな顔してんな」

 試合を終え、マイクパフォーマンスする鹿島沙希(撮影・山口登)
※資料※鹿島沙希=大阪城ホール(撮影・山口登)
2枚

 「プロレス・スターダム」(9日、大阪城ホール)

 女子プロレス界26年ぶりの大阪城ホール大会で、鹿島沙希が朱里と一騎打ちすることが緊急決定した。

 当初、朱里は保持するワールド・オブ・スターダム王座とSWA世界王座をかけて小波と対戦する予定だったが8日に小波が急性腸炎を発症したため試合が中止となり、この日はペイパービューのゲスト解説を務めていた。

 鹿島はこの日、第0試合で吏南と組んで月山和香、レディ・C組と対戦し、月山を一蹴。マイクで「やり足んねえ、マジで」と不満を訴えると、放送席の朱里に向かって「今日、試合がないヤツいるみたいだよな。朱里、お前、コスチューム持ってんだろ。お前試合やりたそうな顔してんな」と問いかけた。

 朱里が「そりゃさ、大阪城ホール、やりたいですよね」と返答すると、鹿島は一騎打ちを要求。ロッシー小川エグゼクティブプロデューサーがこれを認め、両者の一騎打ちが決まった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス