文字サイズ

9・22矢吹は「故意」の頭突きと指摘 寺地拳四朗の所属ジムがJBCへ質問状

 9月22日に行われたボクシングのWBC世界ライトフライ級タイトル戦(京都市体育館)で10回TKOに敗れ、9度目の防衛に失敗した前王者の寺地拳四朗(29)が所属するBMBジムの寺地永会長(57)が、5日付で日本ボクシングコミッション(JBC)に対し質問状を送った。この試合で9回に拳四朗の右目から激しい流血が発生した場面について、新王者となった矢吹正道(緑)の「故意のバッティング(頭突き)だ」と指摘したもの。試合中はパンチによる負傷と裁定されていた。

 寺地会長は「試合の時は見えなかったが映像では明らか。こういう行為を放置するのは今後のボクシング界のためにも良くない」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス