文字サイズ

RIZIN シバターまさかの健闘ドロー一転勝利に!対戦相手HIROYAに一本勝ち

HIROYAに殴られながらも攻め込むシバター=さいたまスーパーアリーナ(撮影・金田祐二)
花道で(右から)ヒカル、てんちむとダンスするシバター(撮影・金田祐二)
勝利を妻・登坂絵莉に祝福される倉本一真=さいたまスーパーアリーナ(撮影・金田祐二)
3枚

 「RIZIN.26」(31日、さいたまスーパーアリーナ)

 大みそかに初参戦した人気ユーチューバーで格闘家のシバター(35)がまさかの健闘を見せた。元Krush65キロ級王者のHIROYA(トライハードジム)と特別ルールで対戦し、2回引き分けだった。対戦相手は「X」として試合当日まで発表されていなかったが、キックボクサー相手にダウンを奪うなど見せ場をつくった。

 シバターは同じくユーチューバーのヒカル、てんちむの「炎上軍」を引き連れて入場。1回はキックボクシングルールだったが、プロレスさながらのロープワークや挑発ポーズ、浴びせ蹴りなどを披露。いつもの負けモードでここからボコボコにされると思いきや、耐えしのぐと、ラウンド終了直前にはカウンターのパンチで逆にダウンを奪って沸かせた。

 MMAルールの2回は、寝技に引き込んで腕ひしぎ十字固めで捕らえた。決めが甘くて一本勝ちのチャンスは逃したが、見せ場はつくった。

 シバターは大みそか初参戦について「結果的に回り道だが、RIZINに出られるのはすごくうれしい。諦めた夢をかなえられる。思わぬ形だが、懸ける思いは強く持っている」と感慨深げに話し、「時間が短かったが、で最大限時間を確保して勝つための練習をした。相手を倒すことを前提に試合を行う」と“負けキャラ”封印を予告していた。

 主催者は試合後に2回にシバターが腕十字固めに入った際にHIROYAがタップしていたとして、2回2分38秒アームバーによる一本勝ちと変更されたと発表した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス