文字サイズ

高山勝成の復帰戦は12・27枚方で仕切り直し 対戦相手は小西伶弥で変わらず

 ボクシング元世界ミニマム級4団体制覇王者・高山勝成(37)=寝屋川石田=が26日、プロ復帰戦を12月27日に枚方市立総合体育館でWBC同級11位の小西伶弥(27)=サンライズ=と行うことを発表した。

 この試合は11月23日に三田市総合文化センターで行われる予定だったが、試合前日の計量時のPCR検査で小西に新型コロナウイルスの陽性判定が出たため、当日になって中止となった。しかし隔離後に2度の再検査を行ったところ小西は陰性判定だったことが判明。会場を変えて約1カ月後に仕切り直しして再設定された。試合は当初の予定通りライトフライ級6回戦で開催される。

 アマチュアで東京五輪出場を目指した高山は可能性が消え、今年3月にプロ再転向。16年8月の加納陸(大成)とのWBO世界ミニマム級王座決定戦以来、4年4カ月ぶりとなるプロのリングに立つ。高山は「年内に試合を行えることに感謝しています。試合に向け、1か月間、しっかりと精進していきます。応援よろしくお願いします」とコメント。中出博啓トレーナーも「残り1か月、しっかりと再調整して万全の状態でリングに上げるようにします」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス