文字サイズ

新日本・オカダ「ふさわしくない」新タイトルKOPW創設 8・29神宮で4WAY決勝

 新日本プロレスは28日、オンライン上で会見を配信し、オカダ・カズチカの提案を受けて、新タイトル「KOPW2020」を設置すると発表した。

 詳細は会見に出席したオカダが自ら説明。チャンピオンベルトは作らず、ルールは出場選手が希望する対戦形式を持ち込んで、ファン投票によって決定。8月26日の後楽園ホール大会で8人による1回戦を行い、勝ち上がった4人が8月29日の神宮球場大会で4WAY戦で対戦し、勝者をKOPW2020に認定する。その勝者は防衛戦を行っていき、年末の大会(未定)で行う防衛戦の勝者にトロフィーを授与し、KOPW2020は終了。翌年からKOPW2021が始まるという。

 オカダは「今までのIWGPの戦い、新日本プロレスにふさわしくないタイトルだとおもう」と話しながらも、「すごく楽しくなると思います。期待していて下さい」と意気込んだ。

 また、8月29日の神宮球場大会で王者EVILに内藤哲也が挑戦するIWGPヘビー級・同インターコンチネタル ダブル選手権試合、王者の高橋ヒロムに石森太二が挑戦するIWGPジュニアヘビー級選手権試合を行うことも発表された。前回防衛戦が2月9日だったヒロムは、IWGP王座の防衛期限である半年が経過することになるが、政府の緊急事態宣言中は算入せず、防衛戦が可能と判断された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス