文字サイズ

スターダム、新型コロナ対策万全で大会決行!大型扇風機4台で換気 スタッフ3倍 全員マスク配布

 「プロレス・スターダム」(24日、後楽園ホール)

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため政府、都からイベント自粛要請が出ている中、2月16日以来となる観客を入れての大会を開いた。

 自粛要請が出された後にはいち早く大会中止を決め、8日には後楽園ホール大会を無観客で行うなど、これまで業界をリードする対応をしてきたスターダム。今大会は通常の3倍のスタッフ、警備員を動員して来場者全員にマスク配布、検温、消毒を行い、換気のために大型扇風機4台を導入するなど万全な対策を取った。

 立ち技格闘技のK-1が22日に埼玉県から自粛を求められながら大会を決行したことに非難の声が出ているが、原田克彦社長は「万全な対応を取れることを確信したので開催することにした。それなりのコストを払って、しっかりやっている」と説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス