文字サイズ

天龍、藤波、長州らが日本プロレス殿堂会を設立

 日本プロレレスの歴史、選手を後世に残していくための中立組織「日本プロレス殿堂会」の設立発表会見が20日、都内で開かれた。

 会見には天龍源一郎、藤波辰爾、長州力と、天龍の長女の嶋田紋奈氏、藤波の長男でプロレスラーのLEONA、長州の義子の池野慎太郎氏が出席。同会は紋奈氏、LEONA、池野氏が結成した二世会が中心となって設立され、賛同メンバーに故ジャイアント馬場、アントニオ猪木、藤波、長州、天龍、協力団体に新日本など多くの団体が名を連ねた。

 嶋田氏は「先人の功績を伝え、敬い、引退後のプロレスラーを支援する組織作りを目指す」などと趣旨を説明。いわゆる殿堂入りと呼ばれる表彰については「していきたい」と話しつつ、「趣旨をご理解いただき、ご賛同いただくところから、ゆっくりと始めていきたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス