文字サイズ

田中恒成に挑むゴンサレス 大阪誘致のIRでディーラーに興味!? 予備検診は異常なし

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

 予備検診が21日、名古屋市内で行われ、2度目の防衛戦に臨む王者の田中恒成(24)=畑中=と挑戦者で同級1位ジョナサン・ゴンサレス(28)=プエルトリコ=は両者とも異常なしと診断された。

 身長で8センチ、リーチで4センチ上回った田中だが、「(身長は)かなり低い。そのへんがどうなるか。やりやすいところ、やりにくいところがあるので(身長差は)関係ない」と数字は気にも留めず。「やってきたことを遂行するだけ。スピードで圧倒的して必ずKOで勝ちます」と変わらぬ自信を示した。

 ゴンサレスも「いつも大きい相手と戦ってきた。田中と同じくらいの身長や、もっと高い相手もいた。(体格差は)気にならない。この数字のまま戦う」と語った。

 母国では副業としてカジノのディーラーを務めるゴンサレスは、報道陣から用意されたトランプでディーラーとしての腕前を披露。手慣れた手つきでカードをさばいた。大阪がIR(統合型リゾート・カジノ)の誘致を検討していることを聞かされると「考えておくよ」と興味津々だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス