文字サイズ

さすがのメイウェザー “神童”那須川を子供扱い3度ダウン1回TKO

那須川天心(前)にパンチを見舞うフロイド・メイウェザー=さいたまスーパーアリーナ
3枚

 「RIZIN.14」(31日、さいたまスーパーアリーナ)

 メインイベントのスペシャルエキシビションマッチに登場したボクシング元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(41)=米国=が1回TKOで、キックボクシングRISEフェザー級王者の“神童”那須川天心(20)=TARGET=を圧倒した。

 国歌独唱中にも中継カメラに向かって笑顔を浮かべるなど本気には見えなかったメイウェザーだったが、初回に3度ダウンを奪い、那須川を子供扱いした。判定なしのKO決着ありの試合では、最初笑みを浮かべていたが、50秒過ぎに那須川の左ストレートがかするとエンジンが点火。1分10秒に左フックで先制のダウンを奪うと、1分40秒には右ボディーからの右フックで痛烈な2度目のダウン。最後は2分10秒、左フックで3度目のダウンを奪う。那須川がふらつくと、レフェリーが試合を止めた。

 メイウェザーは「とにかく言いたいのはここ日本、そして東京は素晴らしいということ。皆さん、本当にありがとう。今回の試合はエンターテインメントということで皆さんに楽しんでもらうことを重視した。それが実現できたことをうれしく思う」と涼しい表情で語った。

 先に入場した那須川は白いガウンをまとい、大声で気合を入れてリングに登場。エキシビションながらメイウェザーをKOする姿勢を示していた。

 メイウェザーは試合の1時間半前の午後9時半にロールスロイスで会場入り。ボクシングで50戦50勝(27KO)。無敵の王者は大勢の取り巻きを引き連れ、自身の代名詞でもある「TBE(The Best Ever=史上最高)」とプリントされた黒色のガウンにマスク姿でリングインした。

 この試合の契約体重は66・7キロ。30日に行われた計量ではメイウェザーがリミットの66・7キロ、那須川は62・1キロと4・6キロの体重差となった。安全性を確保するためグローブはメイウェザーが10オンス、那須川は8オンスを使用することが決定。また、那須川がメイウェザーを蹴った場合には5百万ドル(約5億5千万円)の罰金が科されることになっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス