文字サイズ

新日本・ヒロムがオスプレイから王座奪回!デスペラードが挑戦名乗り

 「プロレス・新日本」(9日、大阪城ホール)

 IWGPジュニアヘビー級選手権試合が行われ、挑戦者の高橋ヒロムが王者ウィル・オスプレイを破り、王座に返り咲いた。

 両者は目まぐるしい攻防を繰り広げながら、オスプレイはサスケスペシャルなど持ち前の華麗な空中殺法を次々と繰り出す。だが、ヒロムも得意の荒技カナディアンデストロイヤーなどで反撃。そして、オスプレイのフィニッシ技オスカッター、ストームブレイカーをことごとく切り返し、最後はTIME BOMBで葬った。

 試合後、ヒロムは「間違いなくこのオレが世界最強のジュニアだ。そして、新日本プロレスの象徴はこのオレ」と豪語。だが、そこにエル・デスペラードが現れて挑戦をアピール。両者は舌戦を繰り広げ、ヒロムは受諾した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス