文字サイズ

リナレス防衛戦前に意気込み 「調子はいい」、WBAライト級

 【ニューヨーク共同】世界ボクシング協会(WBA)ライト級王者で12日(日本時間13日)にニューヨークで4度目の防衛戦に臨むホルヘ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)が10日、会場で記者会見し「いっぱい練習をやって調子はすごくいい」と語った。

 17歳の時に日本でプロデビュー、14年に世界3階級制覇を果たした。相手のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は08年北京、12年ロンドンの五輪王者で、今回階級を上げて3階級制覇を狙う。「最強」の呼び声高い挑戦者との一戦に向け、リナレスは「過去2戦も(同じ)サウスポーが相手で精神的にも身体的にも準備はできている」と意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス