文字サイズ

またも世界戦で体重超過 WBOフェザー級で挑戦者クイッグが失格

 「ボクシング・WBO世界フェザー級タイトルマッチ」(10日、カーソン)

 10日(日本時間11日)に米国カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで開催されるWBO世界フェザー級タイトルマッチの公式計量が9日(同10日)にロサンゼルスで行われ、同級10位の挑戦者スコット・クイッグ(29)=英国=が、同級リミットの126ポンド(57・1キロ)を2・8ポンド(1・3キロ)上回る128・8ポンドで失格となった。王者のオスカル・バルデス(27)=メキシコ=は125・8ポンドで一発クリアした。試合は決行され、クイッグが勝った場合は王座が空位になる変則形式となる。

 またもや世界タイトルマッチでの計量失格が発生した。珍しいのは挑戦者が体重超過したこと。今月1日に両国国技館で開催されたWBC世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)の挑戦を受けたルイス・ネリ(メキシコ)が王座を剥奪されたように、王者が規定体重を守らないパターンが近年増えているが、今回は挑戦者が失格となり、試合を前にタイトル奪取の権利を放棄した。ましてや元WBA世界スーパーバンタム級王者でもあるクイッグは今回が米国デビュー戦。2階級制覇を狙った大事な一戦であったにも関わらず、失態を演じた。増量した有利な状況で、27戦無敗(19KO)の王者バルデスに勝つことだけを狙ったのではないかという声もあがっている。

 カリフォルニア州のコミッションは、クイッグのファイトマネーから20パーセントをカット。そのうち10パーセントは王者のファイトマネーに上乗せするという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス