文字サイズ

井岡一翔引退発表 28歳異例の若さで…米国進出視野に現役復帰「ゼロではない」

 引退を発表した井岡一翔(撮影・園田高夫)
1枚拡大

 ボクシング前WBA世界フライ級王者の井岡一翔(28)=井岡=が12月31日、横浜市内のホテルで記者会見し、現役引退を表明した。同30日付で日本ボクシングコミッション(JBC)に引退届を提出し受理された。

 15年4月に史上最速で世界3階級制覇を達成し、17年4月には5度目の防衛成功で元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高の持つ世界戦14勝の日本記録並んだ井岡だったが、その後はリングから遠ざかり、17年11月9日付でWBA世界フライ級王座を返上。28歳という異例の若さで9年間にも満たないプロボクシング人生に幕を下ろした。

 6年連続で興行を打ち、試合を行うことが恒例となっていた大みそかに、井岡がボクシング人生に別れを告げた。壇上で無数のフラッシュを浴びた井岡は「今日をもって引退します」と宣言した。

 V5の一夜明け会見となった17年4月24日以来、251日ぶりに公の場で開いた口から飛び出したのは、衝撃の言葉だった。「ボクシングを始めたきっかけでもある3階級制覇をかなえた時に引退しようと思いました。防衛していく中で自分のさらなる目標を見つけたので、4月の5度目の防衛戦の前に引退を決意しました」と明かした。

 11年に当時国内最速となる7戦目でWBC世界ミニマム級王座を獲得。12年には八重樫東(大橋)とのWBC・WBA世界ミニマム級王座統一戦を制し、日本人初の2団体統一王者となった。同年にWBA世界ライトフライ級王座も獲得、15年4月にWBA世界フライ級王座を奪取し史上最速18戦目で3階級制覇を成し遂げた。17年4月には5度目の防衛成功で元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高の持つ世界戦14勝の日本記録に並んだが、その後はリングから遠ざかっていた。

 5月に歌手の谷村奈南(30)と結婚し生活拠点を東京に移した。結婚は引退に影響しているのかという問いには「今までずっと一緒にいて戦ってきたので、今になって守るものができたというわけではなく、影響はしていない」と否定し、「妻の存在自体が支えでした」と明かした。

 昨年11月9日付で王座を返上。会見には井岡ジム会長で父一法氏(50)のみが出席し井岡は不在だったため、父子の確執も一部で報道されたが「今の自分があるのは両親のおかげ。感謝している」と話し、5度目の防衛戦後に一法会長へ自分の思いを伝えた際には「分かった」と返されたという。

 今後については「今は言えない」と繰り返したが「皆さんの期待を裏切らない、さらに期待を持ってもらえる」とも話した。現役復帰の可能性についても「ゼロではない」と含みを持たせた。「今は海外に環境を移してやるとかは考えていない」としたが、関係者によると、米国進出も視野に入れ、ボクシングを継続する可能性も残されているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス