文字サイズ

山中 ネリのヒゲ狙う!具志堅氏に並ぶV13へアゴ打ち抜く!

 予備検診を終えた山中(右)とネリ
1枚拡大

 「ボクシング・WBC世界バンタム級タイトルマッチ」(15日、島津アリーナ京都)

 予備検診が12日、都内で行われ、王者・山中慎介(34)と挑戦者ルイス・ネリ(22)がともに異常なしと診断された。挑戦者と初対面した山中は、顔の下半分をおおうヒゲ面に注目。地肌とヒゲのコントラストを「狙いやすい」と格好のターゲットに定めた。「神の左」をヒゲに突き刺し、KOで具志堅用高に並ぶ日本最多13度目の防衛を果たす。

 身長170センチ、リーチ174センチの山中は、ネリをそれぞれ5センチ、7センチ上回った。「自分はバンタム級では体が大きいと改めて感じた。自信にはなります」と感想を口にした。

 挑戦者と初めて顔を合わせ、もみあげからアゴ全体をおおうヒゲ面に注目。「(ヒゲの生え際の)色がくっきり分かれているんで狙いやすい」と、ヒゲごとアゴを打ち抜くつもりだ。

 大和心トレーナーも「最初見たときからヒゲが狙いやすいと思っていた。山中も同じことを思ってくれているのがうれしい。165センチという身長もちょうどいい。打ち抜くポイントの高さで、山中の大好物」とくみしやすさを強調した。

 一方、ネリは「ヒゲは3年前から生やしている。1週間に一度、手入れする。試合前に店を探さなければね」と余裕の笑み。山中がヒゲを狙っていることを聞くと、「ヒゲには触らせない。グローブが阻むでしょう」と強気だった。

 検診を終え、両選手ともに決戦の場、京都へ。山中は「自分で褒められるぐらいいい状態。試合が近づくにつれて元気になってきた。京都入りしてさらに気持ちが引き締まる。試合で証明したい」と、最高のパフォーマンスで日本タイ記録を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス