文字サイズ

“ロシアの怪豪”イワン・コロフさん死去 74歳で 元WWWF王者

 “ロシアの怪豪”と呼ばれた元プロレスラーのイワン・コロフさん(本名オレアル・ペラス)が現地時間の18日、米国で死去したとWWEの公式サイトなどが報じた。死因は肝臓病。74歳だった。

 コロフさんは60年代に出身地のカナダでプロレスデビュー。ロシア人ギミックの悪役レスラーとして、71年には約8年間もWWWF王者に君臨していたブルーノ・サンマルチノから王座を奪取するなどトップレベルで活躍し、94年に引退した。

 日本でもおなじみで、67年には日本プロレスに初来日し、その後、新日本プロレス、国際プロレス、全日本プロレスにも参戦。ジャイアント馬場、アントニオ猪木、ストロング小林らとタイトル戦を行った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス