文字サイズ

田中5・30デビューで日本最速王座へ

 世界戦に向け意気込む田中恒成
1枚拡大

 ボクシングの畑中ジムは23日、軽量級のホープ、田中恒成(19)が、5月30日に愛知県小牧市スポーツ公園総合体育館で、世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級王座決定戦を、フリアン・イエドラス(メキシコ)と行うと発表した。井上尚弥(大橋)の6戦目を抜いて、日本選手最速となるプロ5戦目での世界王座が懸かる。

 田中は同級2位、イエドラスは同級1位。中京大1年の田中は「今まで遠くにあると思っていた目標が目の前にある。自分の力を出し切って必ず世界チャンピオンになる」と意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス