文字サイズ

元K1戦士「拳月」を強要の疑いで逮捕

 格闘技大会の参加選手に出場を辞退するよう脅迫したとして、大阪府警捜査4課は25日までに、強要の疑いで、格闘技選手で住所不定の相良正幸容疑者(29)ら男2人を逮捕した。同課によると、相良容疑者は「拳月(けんむん)」のリングネームでK‐1の大会などに出場していた。

 同課はこれまでに、格闘家の前田日明さん(55)が昨年9月開催した格闘技イベント「THE OUTSIDER」で、会場に乱入し妨害したとして、威力業務妨害などの疑いでアマチュア格闘技団体「強者」関係者の男5人を逮捕、うち4人が起訴された。相良容疑者は男らと共謀し脅迫の電話をかけていたとみられる。

 逮捕容疑は昨年11~12月、前田さんが大阪府門真市で開くイベントに出場予定だった選手(30)に電話し「(出場するなら)兵隊集めて行ったるから、覚悟して来い」などと脅し、出場を辞退させた疑い。2人は「脅迫した覚えはない」と容疑を否認している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス