文字サイズ

【松本浩彦医師】働きすぎ、睡眠不足、体重増加…在宅ワークで注意すべきこと

 在宅ワークも体調を崩してしまえば元も子もありません。出社勤務していた時よりも、むしろ多くの注意が必要です。特に自営の在宅ワークでは、有給休暇が発生しません。在宅で仕事できないことは、無収入を意味します。そうならないために、健康管理にはいっそう気をつけねばなりません。

 知らないうちに、精神的負担がかかってしまい、自律神経が乱れ、体調面の問題が生じてしまうケースは実際にありますし、心がふさぎ込むメンタルヘルスにも気を付けて下さい。一日の生活リズムを決めて、人混みを避けて外出する時間を設け、気分転換をはかるのも一手です。

 在宅で座りっぱなしになると、心臓血管系に負担をかけることになりますし、座り方が悪いと腰痛や肩こりも起こりやすくなります。胡座(あぐら)は実は腰に大きな負担をかけます。やはり外出などして、歩く時間を設けてください。立ったまま仕事するという荒技も、たまにはアリです。

 在宅ワークで一番の落とし穴が、働きすぎと睡眠不足です。仕事とプライベートの区別がつかなくなり、オーバーワーク、睡眠不足の原因となりがちです。さらに体重管理もおろそかになりがちで、知らず体重オーバー。出社勤務よりも不健康になっては本末転倒です。

 これまで会社でバリバリ働いていたお父さんが、ずっと家にいる。これって奥さんや子供さんにとっても、初めての経験だということを忘れないでください。在宅ワークという慣れない環境で、長年の生活習慣が崩れているお父さんの戸惑いも分かりますが、それはご家族も一緒です。家族とのコミュニケーションを大切にして、今こそ家族の結びつきや絆を見直す、これはそのチャンスだと考えてみてください。

◆松本浩彦(まつもと・ひろひこ)芦屋市・松本クリニック院長。内科・外科をはじめ「ホーム・ドクター」家庭の総合医を実践している。同志社大学客員教授、日本臍帯プラセンタ学会会長。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ドクター備忘録最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス