文字サイズ

“ひと皮むけた”小祝さくら 銀メダリスト・稲見らとの賞金女王争いへ

練習ラウンドの移動中、日焼けでひと皮むけた“腕”を見せアピールする小祝さくら=長野・軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・開出牧)
日焼けでひと皮むけた“腕”でティーショットを放つ小祝さくら=長野・軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・開出牧)
練習ラウンドの合間に、日焼けでひと皮むけた“腕”を同組の吉田優利(右)にも見せる小祝さくら=長野・軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・開出牧)
3枚

 ひと皮むけた“腕”をアピールした。賞金ランキングトップの女子ゴルフ・小祝さくら(23)である。

 12日、長野・軽井沢72ゴルフ北コースで行われたNEC軽井沢ゴルフトーナメントの練習ラウンド。13番グリーンに向かう途中、カメラマンにアピールするかのように日焼けでひと皮むけた右腕を伸ばし、不敵な笑みを浮かべた。

 東京五輪女子ゴルフ開催で休みとなった1週間は、地元の北海道でトレーニングに励んだという。ひと皮むけた腕は、“猛練習”の証しなのだろう。

 目標に「賞金女王」を掲げ、現在、賞金ランキングトップをキープしている彼女だが、今年2勝目を挙げてからは、ゴルフの調子は上がらず、7月のGMO&サマンサタバサグローバルカップで予選落ち(賞金0)も。東京五輪で銀メダルに輝いた、賞金ランキング2位の稲見萌寧との差はわずかに約202万円となっている。

 今大会初日は稲見と同組。注目の賞金女王争いへ、自らを鼓舞するかのように、ひと皮むけた“腕”を見せた。ファインダー越しにドキッとしたが、賞金女王への本気度が伝わってきた。(デイリースポーツ・開出牧)

関連ニュース

    >

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス