文字サイズ

泣いても笑っても“映(ば)える”松田瑞生のネイル 名古屋ウィメンズマラソン

優勝インタビューで、美しいネイルアートを施した手で涙をこらえる松田瑞生=3月14日、バンテリンドームナゴヤ(撮影・高部洋祐)
レース後、花束を手に笑顔を見せる松田瑞生=3月14日、バンテリンドームナゴヤ(撮影・高部洋祐)
ゴールに飛び込む松田瑞生=3月14日、バンテリンドームナゴヤ(撮影・高部洋祐)
3枚

 持ち前のパワフルな走りで名古屋ウィメンズマラソンを制した松田瑞生。ゴール後は涙ながらにインタビュー、そして集まったカメラマンの前では満面の笑みで記念撮影に応えた。

 そんな豊かな表情をさらに際立たせたのが、トレードマークのお洒落なネイルアート。その美しいカラーリングは、圧巻の初優勝を決めたナゴヤでも健在だった。

 昨年1月の大阪国際を自己ベストで制するも、同年3月に一山麻緒に記録を更新され、東京五輪は代表補欠となった。しかしこの日のレース後には「はい上がる自分を見てほしい」と力強く話した。次の舞台でも、ネイルと共に輝く彼女の姿を楽しみにしている。(写真と文・デイリースポーツ 高部洋祐)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス