文字サイズ

ロッテ・高部瑛斗が見せた人間離れした柔軟性

驚異の柔軟性を見せるロッテ・高部瑛斗。手前は驚きの表情の清田育宏=ZOZOマリン(撮影・堀内翔)
ロッテ・高部瑛斗はブリッジの体勢から…(連続写真1)
右腕を内側に伸ばして…(連続写真2)
3枚

 ロッテのドラフト3位ルーキー・高部瑛斗外野手(23)が驚異の柔軟性を披露した。練習試合前のストレッチでブリッジを披露。さらにあおむけに反った状態から上半身を回転させて、うつぶせの体勢を作って見せた。

 その姿は人間でなく別の生き物に見えるほど。しかも余裕の表情で連続して、この動作を繰り返す。見つめていた清田育宏外野手(34)も挑戦。だが、「こんなの肩が外れるわ!」と断念せざるを得なかった。

 高部はこの試合、6回に代走で出場して見事に二盗を決めてアピールに成功した。競争激化のロッテ外野手争。スピードと驚きの柔軟性を兼ね備えた高部瑛斗に注目だ。(文・写真=堀内翔)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カメラマン発最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス