文字サイズ

“幕張のアジャ”最高の笑顔でガッツポーズ 勝ち越しタイムリーで完全復活へ

試合後、カメラマンの要望に応えて笑顔でガッツポーズを決めるロッテ・井上晴哉=4日、ZOZOマリン(撮影・開出牧)
 ファンの子供たちからプレゼントされた似顔絵を手にお立ち台に立つ(左から)ロッテ・井上、西野、田中、角中
 8回、勝ち越しの中前適時打を放つ井上晴哉
3枚

 ロッテの4番・井上晴哉内野手(29)が4日、ZOZOマリンで行われた対日本ハム戦の試合後、カメラマンの要望に応えて、復活を予感させる笑顔のガッツポーズを決めた。

 8回、中前に勝ち越しタイムリーを放った井上は、一塁ベース上で何度もガッツポーズを決めた。このところ調子を落としており、この日もチャンスで凡退を繰り返した。同点で迎えた8回2死二塁の場面で回ってきた打席だった。GWでスタンドは超満員。そんな大観衆の前で打った“決勝打”である。うれしかったにちがいない。自信を取り戻したにちがいない。

 昨シーズは打率2割9分2厘、24本塁打、99打点と飛躍的な成績を残し、今年はさらなる活躍が期待されたが、開幕から不振に陥り、一時は1軍登録を抹消されていた。

 試合後は、ライトスタンドのファンと勝利を分かち合う恒例のパフォーマンスで、拡声器を手に音頭を取った。そして三塁側のファンとタッチを交わした後、待ち構えていたカメラマンの要望にも快く応えて、笑顔でガッツポーズを決めた。

 くしくも後方のスコアボードには「令和元年! 優勝するのは 千葉ロッテマリーンズだ!」というメッセーが映し出されていた。ムードメーカー“幕張のアジャ”のバットが完全復活すれば、おもしろくなるだろう。(デイリースポーツ・開出牧)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カメラマン発最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス