文字サイズ

【野球】OP戦もパ高セ低 直近5年の順位は?

2日のヤクルトとのオープン戦で力投する巨人菅野
1枚拡大

 春季キャンプが終了し、オープン戦が本格的にスタートした。そこで直近5年のオープン戦とリーグ戦順位やセ・パリーグの勝利数をたどる。()内数字は、その年のリーグ順位

【14年のOP戦順位】

1ソフトバンク(1位)

2楽天(6位)

3巨人(1位)

4日本ハム(3位)

5広島(3位)

6ロッテ(4位)

7DeNA(5位)

8西武(5位)

9オリックス(2位)

10中日(4位)

11阪神(2位)

12ヤクルト(6位)

セ球団=31勝、パ球団=54勝

【15年のOP戦順位】

1ソフトバンク(1位)

2ロッテ(3位)

2DeNA(6位)

4オリックス(5位)

4阪神(3位)

6楽天(6位)

7西武(4位)

8ヤクルト(1位)

9中日(5位)

10日本ハム(2位)

11巨人(2位)

12広島(4位)

セ球団=37勝、パ球団=43勝

【16年のOP戦順位】

1阪神(4位)

2ロッテ(3位)

3ソフトバンク(2位)

4楽天(5位)

5西武(4位)

6広島(1位)

7巨人(2位)

8日本ハム(1位)

9ヤクルト(5位)

10DeNA(3位)

10オリックス(6位)

12中日(6位)

セ球団=38勝、パ球団=45勝

【17年のOP戦順位】

1ロッテ(6位)

2ソフトバンク(1位)

3オリックス(4位)

4阪神(2位)

5西武(2位)

6日本ハム(5位)

7ヤクルト(6位)

8楽天(3位)

9DeNA(3位)

9中日(5位)

11広島(1位)

12巨人(4位)

セ球団=36勝、パ球団=57勝

【18年のOP戦順位】

1巨人(3位)

2ロッテ(5位)

3楽天(6位)

4DeNA(4位)

5オリックス(4位)

6日本ハム(3位)

7西武(1位)

8ヤクルト(2位)

9中日(5位)

10ソフトバンク(2位)

11広島(1位)

12阪神(6位)

セ球団=37勝、パ球団=44勝

 オープン戦順位=1~6位球団がシーズン優勝した例はソフトバンク(14、15、17年)、巨人(14年)、広島(16年)。

 一方で7~12位球団はヤクルト(15年)、日本ハム(16年)、広島(17、18年)、西武(18年)。

 それぞれ5例ずつで、ソフトバンクがシーズン同様に強く、3連覇中の広島は分が悪い傾向がある。

 開幕に向けた主力選手の調整、若手に経験を積ませる場といった位置づけも強いオープン戦。直近5年で、最下位からシーズンAクラスの例は、10位タイだった16年のDeNA。また近年では01年の近鉄、08年の巨人がオープン戦最下位からリーグ優勝したが、非常に珍しいケースといえる。

 ちなみに、シーズンとの相関関係は薄いが、セ・パそれぞれの勝利数を比べると、交流戦同様にパの強さが目立っている。(デイリースポーツ・記録係)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス