文字サイズ

【野球】殿堂入りの2人に匹敵!「星野&平松世代」岡山ゆかりの選手たち

 岡山県出身の星野仙一氏(69)と平松政次氏(69)がこのほど、エキスパート部門で野球殿堂入りを果たした。岡山県出身者としては6、7人目となる。星野氏が1学年上だが、同じ1947年生まれ。岡山ゆかりの選手を探すと、2人を筆頭に昭和4、50年代に活躍し、実績のある選手がたくさんいる。

 倉敷商から明大を経て中日に入団し、通算146勝を挙げた星野氏は、監督として中日、阪神、楽天を優勝に導いた。岡山東商から日本石油を経て大洋(現DeNA)に入団した平松氏は「カミソリシュート」を武器に通算201勝を挙げた。見逃せないのが、巨人戦で通算51勝だろう。

 2人の成績に匹敵するのが、星野氏の倉敷商の1学年後輩で平松氏と同級生の松岡弘氏(69、倉敷商-三菱重工水島-サンケイ、ヤクルト)だ。高校時代は星野氏のかばん持ちだったが、スワローズ一筋18年で星野氏の勝ち星を上回る通算191勝を挙げている。200勝に9勝足りないため名球会には入っていないが、78年には16勝を挙げエースとして日本一に貢献した。

 平松、松岡両氏と高校時代に「岡山三羽がらす」と言われた関西の森安敏明氏(故人、関西-東映=現日本ハム)は、ドラフト1位でプロ入り。初登板初完封勝利を挙げるなどルーキーイヤーから4年連続2桁勝利を挙げるなど5年間で58勝を挙げた。将来を嘱望されたが、球界を揺るがした黒い霧事件で永久追放となっている。

 平松、松岡、森安3氏の同級生で、高校3年時に投手となり「四天王」とも呼ばれた片岡新之介氏(69、倉敷工-芝浦工大-クラレ岡山-西鉄=現西武-阪神-阪急=現オリックス)は、高校卒業後に捕手となり現役21年、広島のコーチとして22年を合わせると43年もプロのユニホームを着続けた。

 47年生まれの5人だけでも十分な活躍だが、星野氏の2学年上で既に殿堂入りしている大杉勝男氏(故人、関西-丸井-日拓、東映、日本ハム-ヤクルト)は、歴代9位の486本塁打を放ち、2度の本塁打王と打点王を獲得。松岡氏とともにヤクルトの日本一に貢献している。

 平松氏と入れ替わり、つまり47年組の3学年下となる奥江英幸氏(66、岡山東商-日本石油-大洋=現DeNA-ロッテ)は、平松氏と同じ道を歩み、通算53勝を挙げた。大洋時代には平松氏とともにローテーション投手として活躍。球宴にも出場している。

 奥江氏と同級生には、星野氏の後輩となる加藤安雄氏(66、倉敷商-明大-熊谷組-阪急=現オリックス)がおり、プロでの実績は乏しいが指導者として球界に貢献した。

 2人の1学年下の仁科時成氏(65、山陽-大倉工業-ロッテ)は、通算110勝を挙げロッテ投手陣の屋台骨を背負った。仁科氏で有名なのは、2度も九回2死までノーヒットノーランに抑えながら、あとアウト1つのところで安打を許したことだ。この下になるとデイリースポーツ評論家でもある岡義朗(63、岡山東商-広島-南海=現ソフトバンク-阪神)、守岡茂樹氏(63、岡山東商-広島)、剣持節雄(岡山日大-広島-ロッテ-中日)がプロ入り。

 昭和50年代になってからは、広島黄金期を投手陣の柱として支えた山根和夫氏(61、勝山-日本鋼管-広島-西武)だ。常勝チームのエース格として通算78勝を挙げた。

 岡山出身ではないが、社会人野球のクラレ岡山に在籍してプロ入りした3氏も紹介したい。実績一番の門田博光氏(68、天理-クラレ岡山-南海=現ソフトバンク-オリックス-ダイエー=現ソフトバンク)は、歴代3位の567本塁打を放ち3度の本塁打王、打点王も1度、獲得している。79、80年の日本シリーズで近鉄の1番打者として活躍した平野光泰氏(67、明星-クラレ岡山-近鉄)もいる。そして平松氏と同級生の得津高宏氏(69、PL学園-クラレ岡山-東京、ロッテ)は、74年のロッテ優勝に貢献している。この3人も星野、平松両氏と同世代と言っていいだろう。

 両氏より先輩になるが、通算189勝を挙げた石井茂雄氏(77、勝山-阪急-太平洋、クラウン=現西武-巨人)も昭和4、50年代に活躍した。

 古くは殿堂入りている通算193勝を挙げた秋山登氏(故人、岡山東商-明大-大洋=現DeNA)や、秋山氏と高校時代からバッテリーを組んだ土井淳氏(83、岡山東商、明大-大洋=現DeNA)、阪神で鉄壁の三塁手だった三宅秀史氏(82、南海高-大阪、阪神)と一流の活躍をした先輩もいる。

 後年も結果を残した岡山ゆかりの選手はいるが、「星野&平松世代」ほど多数の選手が実績を残した時代はないだろう。(デイリースポーツ・岩本 隆)

◆岡山ゆかりの投手通算成績◆

                                      

名前   (球 団) 生まれ年 試合   勝  敗    S 防御率

石井 茂雄(巨 人)   39 705  189 185   3  3.46

星野 仙一(中 日)   47 500  146 121  34  3.60

平松 政次(大 洋)   47 635  201 196  16  3.31

森安 敏明(東 映)   47 242   58  69   -  3.48

奥江 英幸(ロッテ)    50 283   53  62  13  4.56

仁科 時成(ロッテ)    51 334  110 108   1  4.10

山根 和夫(西 武)   55 278   78  64   8  3.31

◆岡山ゆかりの打者通算成績◆

名    前(球  団) 生まれ年   試合  打数  安打  打点 本塁打 打率

大杉 勝男(ヤクルト)    45   2235 7763 2228 1507  486  .287

片岡新之介(阪  急)   47    716 1439  344  139   36  .239

徳津 高宏(ロッテ )    47   1305 3222  927  368   41  .288

門田 博光(ダイエー)    48   2571 8868 2566 1678  567  .289

平野 光泰(近  鉄)   49   1183  4000 1055  423 107  .264

(注)球団は引退時の在籍チーム。生まれ年は西暦。セーブは74年に導入

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス