文字サイズ

五輪選手団、帰国ピークパラ事前合宿も本格化

 東京五輪が8日夜に閉幕し、海外選手や大会関係者の帰国がピークを迎えた。混雑緩和のため、選手村で荷物の預け入れなどができる仕組みを導入したが、成田、羽田両空港では9日、一部カウンターに行列ができた。一方、24日に開幕するパラリンピックの選手団の到着も本格化している。

 大会組織委員会によると、9日に出国する関係者は約1万人。成田空港には選手団を乗せたバスが次々と到着し、同日から設置された専用の保安検査レーンを通過していった。

 各地で事前合宿するパラ選手団の来日も本格化。広島県で事前合宿するメキシコ代表が9日朝、成田に到着した。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス