文字サイズ

露世界王者「付け加えさせて」自ら切り出し橋本を称賛「大事なのは人格。まさに五輪王者だ」

金メダルを手にする橋本大輝(撮影・高部洋祐)
橋本大輝(手前)に向けて「運営スタッフの皆様ありがとう」と書かれた日の丸を掲げる村上茉愛(左から3人目)ら=有明体操競技場(撮影・高部洋祐)
2枚

 「東京五輪・体操男子種目別鉄棒・決勝」(3日、有明体操競技場)

 個人総合王者の橋本大輝(19)=順大=が完ぺきな演技をみせ、15・066点で金メダルを獲得した。個人2冠は1984年ロサンゼルス五輪の具志堅幸司(個人総合・つり輪)以来37年ぶりの快挙となった。

 マットに吸い込まれるような完ぺきな着地で2冠を決めた。日本に誕生した新王者を世界も称えた。銅メダルを獲得した19年世界選手権個人総合王者のニキータ・ナゴルニー(ROC)は、記者会見の終盤、橋本への質疑応答の中で、自ら切り出して、新王者を称賛した。

 橋本が鉄棒の着地について「鉄棒は最後着地を決めて逆転するというか、一番人の心を動かせる種目だと思っている。僕自身着地を止めることにすごく今大会はこだわってきた。(銀メダルの)スルビッチ選手やナゴルニー選手が着地を止めてきて、プレッシャーの掛かるものが多かった。精神的、技術的にトップクラスでないと、この舞台には立てない」と思いを語った後、ナゴルニーが突如「付け加えさせてほしい」と発言許可を求めた。

 団体ではROCが金メダルを獲得し、日本は約0・1点差で銀メダル。個人総合では橋本が金メダルで、ナゴルニーは銅メダルだった。死力を尽くし、頂点を争い抜いたからこそ、分かることがあった。「アスリートにとって大事なのは人格、キャラクターだ。重圧の中でいかに集中して技術を出せるか。その点においてハシモトは19歳という若さにも関わらず、まさに五輪王者だと思う」と絶賛。その上で「本当に素晴らしい将来、未来が待ちうけている。より素晴らしい結果を出せると思う」と、輝かしい未来を予見した。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス