文字サイズ

17歳、カヌー米代表少女がキュートな笑顔&ナマ脚で「sayonara」

 五輪モニュメント
 エビー・リーブファースのインスタグラム@evykayakより
2枚

 東京五輪のカヌー・スラローム女子カナディアンシングル、スラローム女子カヤックシングルの米代表エビー・リーブファース(17)が2日、自身のインスタグラムを更新し、日本に別れを告げた。

 リーブファースは競技会場だった東京・江戸川区のカヌー・スラロームセンターで撮影した笑顔のショットを掲載した。競技後とみられ、リュックサックを背負って短パンにナマ脚というラフな姿。ハート、桜の絵文字とともに「Sayonara Tokyo」とシンプルにあいさつした。

 これまでに、開会式、選手村、競技会場などさまざまな東京五輪の“表情”をインスタグラムで紹介していたとあって、フォロワーからは「あなたのオリンピックの写真、楽しませてもらいました」と感謝のコメントも。「また日本にきてください」、日本語で「またお待ちしてます」というコメントもあった。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス