文字サイズ

橋岡優輝はメダル獲得ならず37年ぶり6位入賞 ラストで意地の8m10 男子走り幅跳び

 「東京五輪・陸上男子走り幅跳び・決勝」(2日、国立競技場)

 橋岡優輝(22)=富士通=は、84年臼井淳一以来となる37年ぶりの入賞。メダル獲得はならなかった。

 日本勢で37年ぶりの決勝進出。決勝の1回目は踏み切りでファウルとなり、記録なし。2回目は7メートル95の記録を残した。3回目は7メートル97。ここまでで7位の記録を残し、上位8人による4回目への進出が決まった。

 だが、4回目は記録なし。5回目は7メートル94。逆転を狙った最後の6回目は8メートル10と、この日一番の記録で意地をみせたが、この時点で6位となった。

 予選では全体3番目の8メートル17。メダル獲得となれば32年・南部忠平、36年・田島直人に続いて85年ぶり史上3人目の快挙だったが、惜しくも届かなかった。

 22歳のジャンパーは五輪初出場。「後悔のないように決勝に臨みたい」。メダル獲得こそならなかったが、期待感を抱かせる堂々の跳躍を見せた。

 ◆橋岡優輝(はしおか・ゆうき)1999年1月23日生まれ。埼玉県出身。183センチ、77キロ。19年日本選手権優勝。20年日本インカレ優勝。東京五輪サッカー日本代表DF橋岡(シントトロイデン)はいとこ。趣味は釣り、ゲーム。好きな食べ物はすし、焼き肉。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス