文字サイズ

涙の池江璃花子「あきらめかけた東京オリンピック」「決勝で泳ぐことができて幸せ」

 レース後、スタンドに向かって手を振る池江璃花子(中央)(撮影・高部洋祐)
 レース後、涙する池江璃花子(撮影・高部洋祐)
 決勝のレースを終え、チームの仲間と健闘をたたえ合う池江璃花子(撮影・高部洋祐)
3枚

 「東京五輪・競泳女子400mメドレーリレー・決勝」(1日、東京アクアティクスセンター)

 白血病を乗り越えて大舞台に臨んだ池江璃花子(21)=ルネサンス=が16年リオに続く2度目の五輪を終えた。第3泳者としてバタフライを力泳。泳ぎ終えて4人で笑顔でハグをかわす。そして、泣いた。

 いろんな感情が交ざった涙が止まらなかった。「自分が結果をだせたわけじゃないんですけど、本当に自分が出られるか出られないか分からない状況でここまできて、こうやって無事に開催できて、また、ここに戻ってくることができて本当にうれしいです」と思いを口にした。

 第1泳者の背泳ぎ・小西杏奈(ガスワン)が6番手でつなぐと、続く平泳ぎの渡部香生子(JSS)で8番手に下がった。バタフライを泳ぐ池江は懸命の泳ぎも順位はそのまま。最後は五十嵐千尋(T&G)の追い上げも及ばず8位でゴールした。

 池江は今大会は24日の女子400mフリーリレー、29日の混合400mメドレーリレーと、計3種目に出場。バタフライで出場した女子400mメドレーリレーのみ予選6位で決勝進出を果たしていた。

 大会前。「1年前じゃ考えられなかった環境に今いるけれど、これが自分の運命であって。きっと東京五輪に出ることは決まってたんだろうなって思う」と話していた。

 2019年2月に自身のSNSで白血病と診断されたことを公表した。過酷な闘病生活の末、19年12月に退院した際には、体重は10キロ以上落ちていた。

 目標を2024年パリ五輪に設定。だが、コロナ禍で東京五輪が1年延期となった。2020年8月29日に594日ぶりに競技会に復帰。涙を流した。「可能性があるなら」。目標を繰り上げて、東京五輪の舞台に立った。

 池江の東京五輪は終わった。「すごいプレッシャーの中で決勝に残ることができて、この5年間本当にいろんなことがあって、一度はあきらめかけた東京オリンピックだったんですけど、リレーのメンバーで決勝の舞台で泳ぐことができてすごい幸せだなと思いました」。涙を浮かべながら、笑顔を見せた。

  ◇  ◇

 ▽背泳ぎ 小西杏奈1996年5月10日、兵庫豊岡市出身。25歳。中京大卒。ガスワン所属。五輪は初出場。159センチ。

 ▽平泳ぎ 渡部香生子 1996年11月15日、東京都出身。24歳。早大卒。JSS所属、五輪は3度目。167センチ。

 ▽バタフライ 池江璃花子 2000年7月4日、東京都出身。21歳。日大在学中。ルネサンス所属。2度目の五輪。172センチ。

 ▽自由形 五十嵐千尋 1995年5月24日、神奈川県横浜市出身。26歳。日体大卒、T&G所属。2度目の五輪。170センチ

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス