文字サイズ

伊藤美誠は完敗に悔し涙「これが実力」「惜しくもなくすごく悔しい」3位決定戦へ

 準決勝で敗れた伊藤美誠(撮影・堀内翔)
 準決勝第3ゲームを落として上を見上げる伊藤美誠(撮影・堀内翔)
2枚

 「東京五輪・卓球女子シングルス・準決勝」(29日、東京体育館)

 世界ランク2位の伊藤美誠(20)=スターツ=は同3位で難敵の孫穎莎(中国)と対戦し、0-4(3-11、9-11、6-11、4-11)でストレート負け。同日夜の3位決定戦へ回ることになった。

 流れを失ったのは第2ゲーム。9-3とリードしながら逆転を許し、劣勢に。伊藤は試合後のインタビューで「そうですね…。まあ、2ゲーム目が取れなかったことが大きな点だなと思ったんですけど。2ゲーム目から3ゲーム目に行く入りがあまり良くなかったので、そこを立て直せなかったのが、今回の敗因かなと思うんですけど」と振り返った。

 孫は伊藤と同年代の20歳。直近では4連敗を喫するなど、金メダルへ大きな壁とされていた。「やってることは悪くはなかったんですけど…。まあ、0-4ていうことで本当に惜しくもなかったので、すごい悔しいですけど。ただ、気持ちを切り替えて、次の試合に入りたいと思います」と悔し涙を浮かべた。

 混合ダブルスでは水谷隼とのペアで、中国ペアを破って金メダル。卓球がソウル五輪で正式採用されてから、日本のシングルスのメダルは男子の水谷隼が16年リオデジャネイロ五輪で獲得した銅メダルのみ。シングルス女子では日本初のメダル獲得へ、伊藤は「調子はそこまで悪くはないです。結構いい方だと思います。でもこれが実力なので、しっかり気持ちを切り替えて次の試合に準備したいと思います」と、必死に前を向いた。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス