文字サイズ

大橋悠依が金メダル「夢みたい」「泳いでいて楽しくて」 女子400m個人メドレー

トップでゴールし、天に向かって歓喜のガッツポーズを決める大橋悠依=東京アクアティクスセンター(撮影・高部洋祐)
トップでゴールし、歓喜の表情を見せる大橋悠依=東京アクアティクスセンター(撮影・高部洋祐)
レース後、プールサイドに上がり手を叩いて喜ぶ大橋悠依=東京アクアティクスセンター(撮影・高部洋祐)
3枚

 「東京五輪・競泳女子400m個人メドレー・決勝」(25日、東京アクアティクスセンター)

 金メダルを確認してまず笑顔を見せた。その後、涙。両手で顔を覆った。そしてまた笑顔。複雑な思いが去来した。大橋悠依(イトマン東進)が日本競泳陣金メダル1号。最高のレースを終えて、観客席に陣取る仲間に、会心の笑顔で手を振った。

 「まだ夢みたいなんですけど、本当に泳いでいすごく楽しくて。(五輪は)自分が水泳をやっている全てかなと思います」。

 第3レーンから好スタートを切ると、最初のバタフライで差のない3位でターン。続く得意の背泳ぎで、すぐに先頭に立った。リードを保つと、3種目めの平泳ぎで突き放す。体1つ突き放して最後の自由形へ。最後のターンで2秒近く差をつけた。4分32秒8。トップでゴールした。

 「タイムも日本新を出して以来の速いタイム。朝のこの時間にこのタイムが出せて、やってきたことに間違いがなかった」とうなずいた。

 五輪までの道のりは平坦ではなかった。昨年12月の五輪会場で行われた日本選手権を体調不良で欠場。五輪出場権がかかる4月の日本選手権は左股関節痛のため、痛み止めの薬を飲んでの出場。200メートル、400メートル個人メドレーの2種目で代表入りを決めていた。

 「不安もあったんですけど、きのういい泳ぎができたので、とにかく自分のレースをしようと。自分の泳ぎができました。自分が金メダルをとれるなんて本当に思っていなかったので。ここにくるまでいろんなことがあったんですけど、チャレンジさせてもらえて感謝していますし、いろんな方に支えて頂いた」とここまでの道のりを振り返った。

 16年リオ五輪代表選考会では3位。五輪代表を逃し涙を飲んだ。5年越しで叶えた夢の舞台で、最高の結果を残した。

 次の目標は2冠。「あしたから200メートル個人メドレーが始まるので切り替えて。200も頑張りたいと思います」。今度は笑顔をきりっと引き締めて話した。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス