文字サイズ

北京五輪日本選手団が帰国史上最多18個のメダル獲得

 成田空港に到着した、北京冬季五輪スピードスケート女子の高木美帆=21日午後9時35分(代表撮影)
 成田空港に到着した、北京冬季五輪カーリング女子の藤沢五月(手前)ら日本選手団=21日午後8時50分(代表撮影)
2枚

 北京冬季五輪で史上最多の18個のメダルを獲得した日本選手団が21日、成田空港に帰国した。主将を務めたスピードスケート女子の高木美帆はファンの出迎えに頭を下げ、フィギュアスケート男子の羽生結弦は「ありがとうございました」と感謝を伝えた。

 大会は20日に閉幕し日本は金3、銀6、銅9を獲得。高木美は1000メートルで優勝したほか3種目で2位に入り、メダル4個の活躍で引っ張った。フィギュアで羽生は3連覇を逃したが、鍵山優真が銀、宇野昌磨が銅、女子も坂本花織が銅メダルと健闘した。

 初めて決勝へ進んで銀メダルのカーリング女子のロコ・ソラーレのメンバーは声援に応えた。

2022-02-20
2022-02-19
2022-02-18
2022-02-17
2022-02-16
2022-02-15
2022-02-14
2022-02-13
2022-02-12
2022-02-11
2022-02-10
2022-02-09
2022-02-08
2022-02-07
2022-02-06
2022-02-05
2022-02-04
2022-02-03

関連ニュース

北京五輪最新ニュース

もっとみる

北京五輪 写真ハイライト

ストーリーを見る
北京五輪 17日間の熱戦が閉幕 カーリングは史上初の銀 フィギュアエキシビには羽生登場

北京五輪速報

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス