文字サイズ

銅メダルの堀島行真 表彰式で中央のパンダを選択した理由も明かす【一問一答】

 決勝3回目を終え、ガッツポーズする堀島行真(提供・共同通信社)
 男子モーグル決勝を終え、セレモニーで記念写真に納まる銅メダルを獲得した堀島行真(右)。中央は優勝したバルテル・バルベリ、左は2位のミカエル・キングズベリー(共同)
2枚

 「北京五輪・フリースタイルスキー・モーグル男子・決勝」(5日、雲頂スノーパーク)

 堀島行真(24)=トヨタ自動車=が銅メダルを獲得した。“金メダル候補”の重圧から解放され、インタビューでは涙もにじんだ。

 一問一答は以下の通り。

 -日本勢第1号のメダルになった。

 「最低限(の目標に)表彰台、メダルを掲げて挑んだ。それが達成できて本当に良かった」

 -攻めたタイムだった。

 「(最初のエアの後、中盤のターンで乱れかけて)諦めそうになったが、諦めたらダメだと思った。まずゴールまで行こうとして(2本目の)エアが決まった。ミスしたけど、自分の全部が出せたんじゃないかと思う」

 -予選2回目からメダルに届いた。今大会は4度も滑った。

 「予選1本目からつらかった。この舞台に上がってくるまで、メダルとか最低限の結果が残らないと、自分が競技をしていられないんじゃないかと、ネガティブな気持ちが多くて。4年間そうやってやってきて、昨日もつらかったし、今日の朝もつらかった。最後の1本を滑りきるまで安心できなくて。その結果(滑走後の時点で)1位と出てメダルが確定した時に、やっと安心した気持ちになれた。またここから。本当の夢は金メダルなので、競技をここから頑張りたい」

 -表彰台ではどのようなことを考えたか。

 「4年前に原大智選手が銅メダルを獲った時は、自分はあっち側にいたなとか、原選手はどんなことを考えていたのかとか、ここに立っていることを幸せだと感じていた」

 -表彰式で並べられたパンダのマスコットの真ん中を取ったが。

 「どれを取ってもいいということだったので。(表彰台の)真ん中に立ちたかったけど、左にいるので。今度は真ん中に立ちたいという気持ちだった」

2022-02-20
2022-02-19
2022-02-18
2022-02-17
2022-02-16
2022-02-15
2022-02-14
2022-02-13
2022-02-12
2022-02-11
2022-02-10
2022-02-09
2022-02-08
2022-02-07
2022-02-06
2022-02-05
2022-02-04
2022-02-03

関連ニュース

北京五輪最新ニュース

もっとみる

北京五輪 写真ハイライト

ストーリーを見る
北京五輪 17日間の熱戦が閉幕 カーリングは史上初の銀 フィギュアエキシビには羽生登場

北京五輪速報

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス