文字サイズ

大和が値千金の決勝弾、メッセ4勝目

7回、好守で盛り立てる高山をハイタッチで迎えるメッセンジャー=ナゴヤドーム
7回、先制ソロを放ち笑顔でハイタッチする阪神・大和=ナゴヤドーム(撮影・飯室逸平)
7回中日2死一・三塁、中日・野本 圭を左飛に打ち取りガッツポーズを見せる阪神 ランディ・メッセンジャー=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「中日0-1阪神」(5日、ナゴヤドーム)

 阪神が連勝で敵地ナゴヤドームで今季初のカード勝ち越し。七回、大和が左越えに今季1号ソロを放ち1点を先制した。

 先発・メッセンジャーは7回3安打無失点で4勝目(1敗)。八回をドリスが抑え、九回はマテオが締めて8セーブ目(1敗)。

 2シーズンぶりの本塁打に大和はヒーローインタビューで「打った瞬間入ると思った。すごくいい感触でした。たまたま甘いところへボールが来て、バットが当たった。まぐれです。(こどもの日に)僕のような小さな選手でもホームランが打てるので、皆も頑張ってください」と話した。

 中日の先発・小熊は四回途中、阪神・原口の打球を右手に受け2安打無失点で降板。2番手・山井が4敗目(0勝)を喫した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス