文字サイズ

阪神が対中日4連敗で勝率5割に逆戻り

5回中日無死、中日・桂(左)に勝ち越しのソロを浴びる阪神・藤浪晋太郎(中央)。右は阪神・原口文仁=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)
1回、二飛に倒れ悔しがるゴメス=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)
2枚2枚

 「中日4-2阪神」(3日、ナゴヤドーム)

 阪神が競り負け、カード4連敗で勝率5割に逆戻りとなった。

 初回、先頭・大和の右中間二塁打を足掛かりに1死三塁とすると、中日の先発・ジョーダンの暴投で1点を先制。逆転された四回には、1死二、三塁から原口の右犠飛で同点に追いついた。

 先発の藤浪は先制点をもらった初回に、大島の二塁打から平田に同点適時打、さらに谷の適時打で逆転を許した。同点の五回には、先頭・桂に左越えへの勝ち越し3号ソロを献上すると、七回1死二塁で大島に右中間適時三塁打され、この回で降板。7回6安打4失点で今季2敗目。

 中日は先発した左腕、ジョーダンが7回2失点で2勝目。九回を締めた福谷が6S。チームの連敗を3で止めたジョーダンは「連敗を止めることを心掛けてマウンドに上がった」と振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス