文字サイズ

阪神が5点差を大逆転 大和が決勝打

8回阪神2死一、三塁、右前へ勝ち越し適時打を放つ阪神・大和=甲子園(撮影・田中太一)
7回、左前へ同点適時打を放ったゴメス(手前)がガッツポーズ、沸き上がる阪神ベンチ=甲子園(撮影・田中太一)
8回阪神1死一塁、中前へ安打を放つ阪神・原口文仁=甲子園(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「阪神7-6DeNA」(1日、甲子園球場)

 阪神が終盤の集中打で逆転勝ちした。5点差を逆転したのは今季初。

 1-6の七回、1死満塁から代打・狩野、大和の連続押し出し四球、鳥谷の右前適時打で2点差。なおも2死満塁から、ゴメスが左前2点適時打を放ち、同点とした。

 八回は1死から原口中前打、高山四球で一、二塁とすると、三ゴロで2死一、三塁。ここで大和が右前適時打を放ち、これが決勝打となった。

 先発の能見は6回6失点だったが、2番手の高宮、3番手のドリスが無失点でつなぎ、最後はマテオが締めて7セーブ目を挙げた。

 DeNAは先発の山口が七回につかまり、リリーフ陣も阪神打線を止められなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス