文字サイズ

阪神はわずか2安打 広島が延長戦制す

10回広島、丸佳浩の適時二塁打で生還した菊池涼介(奥)と顔をしかめる阪神・榎田大樹=甲子園(撮影・持木克友)
10回広島1死一塁、中越え適時二塁打を放つ丸佳浩(投手・榎田大樹)=甲子園(撮影・持木克友)
2枚2枚

 「阪神2-6広島」(9日、甲子園球場)

 広島が延長戦を制し貯金1とした。2-2の延長十回、阪神4番手の榎田を捉え、1死から菊池が右前打で出塁。続く丸が中越えに勝ち越しの適時二塁打。続くルナも左翼への適時二塁打を放った。

 攻撃は終わらず、代わった金田からエルドレッド、赤松が四球を選んで満塁とすると、鈴木が押し出し四球。さらに代打・天谷が、この回3人目の歳内から左犠飛で、計4点を奪った。

 阪神は0-0の四回、高山が右前打で出塁すると、続く江越が出場4試合連続となる4号2ランで先制。しかしチーム全体で安打はこの2本だけで、連勝は2で止まった。

 先発の岩貞は7回2/3を投げて6安打2失点、12奪三振と力投したが、援護なく2勝目はお預けとなった。それでも2桁奪三振は自身初の2試合連続。計24奪三振でリーグトップに躍り出た。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス