文字サイズ

藤川13年ぶり先発は5回4失点で降板

4回中日1死、中日 ダヤン・ビシエドにソロを許し打球を見上げる阪神・藤川球児=京セラドーム大阪(撮影・田中太一)
5回、同点打を浴び、センター方向を見つめる阪神・藤川球児=京セラドーム大阪(撮影・北村雅宏)
力投する阪神・藤川球児=京セラドーム(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「阪神-中日」(27日、京セラドーム大阪)

 阪神に4年ぶりに復帰した藤川球児投手が先発し、5回を投げ7安打4失点だった。4-4の場面で降板したため、勝ち負けは付かなかった。

 藤川は初回、二回と無安打投球。三回、先頭の桂に中前打を打たれたが、後続を断った。

 しかし四回1死からビシエドに一発を浴びると、その後3本の安打を集中されてこの回2失点。4-2の五回は、1死二、三塁からビシエドに右前へ2点適時打を浴び、同点とされた。

 藤川が先発マウンドに立ったのは、2003年9月19日の巨人戦(東京ドーム)以来、13年ぶり。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス